TOEICの点数を1か月で300点上げた方法(後編)-やり込みの末のスタートライン

前編からの続きです。

 

TOEICの点数の簡単な上げ方

では、どうやってTOEICの点数を上げていけば良いのか。

答えは簡単です。

TOEIC用のテキストや問題集をやり込むだけです。

 

英検一級を取ろうと思えば、英単語は1万数千語を暗記する必要があると言われています。そのため、数千語を収録した単語帳を使う必要があります。

 

しかし、TOEIC向けの英単語帳は、大抵、1000語程度を収録したものになっています。

もちろん、中高で英語を勉強した前提で、プラスαの1000語ですから、実際には数千語は必要になります。

もし、中学英語レベルの英単語に不安を感じるようであれば、まずはTOEIC向けでない英単語帳も使う必要もあるでしょう。

 

実際にTOEIC900点を取るのに必要な単語数がどれくらいなのか、正確な数字は私にはわかりません。

 

ネットで調べると1万語と書いているサイトもありますが、それは明らかに誤りです。

私はTOEIC900点は4000語程度、英検1級でも実際には7~8000語程度で取っています。

 

高校英語までで習う単語数が3000語程度と言われていますから、それにTOEIC用の1000語を加えたちょうど4000語ぐらいが、TOEIC900点を取るのに必要な数字だと考えます。

 

そのため、必要な単語力を身に付けるため、まずは専用の単語帳をやり込みます。

 

それと並行しつつ、TOEICの問題形式に慣れていく必要があります。

 

TOEICは問題自体は至って簡単なのですが、英語がある程度できる人でも、問題形式に慣れておらず、時間が足りなくなることがあります。

 

TOEICではどのような問題が出題されるのか、公式問題集や模試をひたすらやり込んで体に沁み込ませていく必要があります。

 

TOEICでは出題のパターンが決まっていますから、だいたい、20回分の模試を何回かやり込んで、全問解けるようにすれば800点以上は確実に取れるはずです。

 

私が1か月でTOEICの点数を300点弱上げたときも、毎日仕事終わりに5時間勉強し、ひたすら公式問題集と模試、単語帳をやり込みました。

 

また、高得点を目指す場合に一番難しいのは文法問題です。

そのため、文法問題だけをまとめた問題集を通勤時間に何度もやり込みました。

 

ここで重要なのは、「やり込む」ということです。

模試を一回解いて、採点だけして終わるというのは、最悪の方法です。

模試で何点取れようが、どうでも良く、間違えた問題をどれだけできるようにするかが重要なのです。

 

そのため、間違えた問題にマークをつけて、できるようになるまで何度も何度もやり直す必要があります。

 

社会人で一日に5時間の勉強時間を作るのは簡単ではないので、自分のペースで続けていけば良いのですが、私が紹介した参考書ややり方で、800点以上を取った人は何人もいるので、800点ぐらいであれば、容易に取れるものと思います。

 

TOEIC受験の先に

前編でも書いたように、TOEICは英語の世界に足を踏み入れるための手段でしかありません。

 

私はTOEIC930点を取ったとき、「これで初めてスタート地点に立った」と思いました。

そして、実際にそれを皮切りに、英語人材としてのキャリアをスタートさせていきました。

TOEICで高得点を取ることは簡単ですが、そこで「自分は英語ができるようになった」と錯覚せずに、TOEICに必要とされない英語能力をカバーしていき、真の英語力を身に付ける必要があります。

 

そして、語学学習の道には終わりはなく、私のような純ジャパがネイティブに近付くには限りなく遠い道のりがあります。

 

それでも、勉強していくだけの魅力が英語にはあります。

別の回で書くと思いますが、私はAIが今後発展を続けていっても、英語力は必要になると考えます。

そして、英語ができることで開ける道は、単に「外国人と話せる」以上のものです。

前回書いたように、私は自分が英語を使うことは生涯ないと考えていましたが、今では「なぜあの時に英語をやらなかったのか」と日々、後悔させられます。

 

しかし、私が社会人になって英語を習得できたように、英語は何歳からでも始められるものなのです。

記事を読んでいただいた方の成功を祈念し、結びとさせていただきますが、質問等ございましたらご遠慮なくコメントをください。